出会い系サイトでのある本気の恋の結末について

あるPCMAXの体験談です。色んな体験談を読む限り、出会い系サイトで本気の恋をする、というのは決して珍しい事でもないようですね。その本気の恋が不倫の恋であった場合は特に満たされないことも多いわけですが、それでも本気で好きになってしまう、というのは素敵なことですよね。

【42歳の東京都女性】
その人との出逢いはMAXに登録して一ヶ月ぐらい経った頃でした。「コレを最後の恋にしませんか」それが彼の口説き文句でした。住んでいる街も近く、単身赴任中であった彼とは短い間にも関わらず多くの時間を一緒に過ごしていました。

しかし彼は凄く束縛意識の強い人でした。その束縛は時には狂気にも感じるほどで、思わず躊躇する程のレベルでした。なによりも自分を優先して欲しいと望む彼との恋は、まるで噛み付きあい、傷つけ合うような関係だったと思います。そんな二人の関係には安らぎはなかったように思います。安らげなかったのは私が彼を不安にさせていたからなのかもしれません。

そして私にとって、彼は出会い系での初の出会いという事もあって戸惑っていたのだと思います。彼の求めに答える勇気もなかった。私が自分を想っているのか、信じてもいいのか、彼は不安に駆られてあそこまでイラついていたのかもしれません。「一緒にMAXを辞めよう」というのが彼の望みでした。でも「日記が書きたいだけ」という私。そして何度かそんな事が繰り返されて私を信じられなくなると、彼は自分から私を遮断したりしました。

本当に辛い恋でした。そして遮断されると、私は彼を本気で好きだった事にも気がついたのです。そして彼に遮断された私はみっともない片思いを数ヶ月に渡って引きずったりしたのです。あんなに強く想われた事は他にないのかもしれない、なんて今さらですが時々、もう一度彼に会いたいなと思う事があります。少なくとも彼は私に対して誠実であった、ということは間違いないですから。

まぁ今さら何を言っても取り返しのつかない過去の話です。ここで吐き出させてもらったので、これからは前を向いていきたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ