20歳女の子の出会い系サイトで味わった嫌な思い

出会い系サイトの体験談には、いい出会いが書かれている事が多いですが、たまに今回のPCMAX体験談のような、嫌な思い出が語られていることがあります。その多くは相手の男が全く自分(女性)の事を考えてくれていない、という内容のものですよね。気をつけないといけないなぁと思いますね。

【20歳の千葉県女性】
今まで出会った人とは本当に楽しい時間を過ごす事ができたのに、この前会った人との時間は最低でした。

まず出会ってすぐくらいに仕事の話になって「週3しか働いていないの?」と言われたとき何だか気分がよくなかったです。そして私が質問したときに「なんで?」と言われた時もそう。毎日働いていないから偏見があるんでしょうかね。

意味はなく無意識に言った言葉でも、それしか働いていないの?と言われたら誰だっていい気分はしませんよね。それに男性から先に「どのくらいの人と会ってきたの?」って聞かれたから、私も少し時間が経ってから同じように聞いたのに「なんで?」はないと思いました。「たくさん会っていると思った?」とも聞かれたし。先に聞いたあなたはそんなふうに思って聞いたんですか?って感じです。こっちは同じことを聞いただけなのに。だから私は正直に「さっき聞かれて気になったから聞いただけです」と言いました。

あとは、ちょっとエッチな話になった時に、「男性の全身を舐めたことがない」と私が言ったんです。その時は、すごく不思議そうな顔をしていたんですよ。まるで舐めるのが当然かのように感じで。そしてこれが一番嫌だったんですが、私が「限界」だと言ったときになぜやめてくれなかったのか。続けてほしかったら何も言いませんよ。本当にもう止めて欲しかったのに。

それに、会話もろくにしていないのに次また会いたいなんて思えないですよ。私が定期的に会いたいと思うのはやっぱり会話を楽しめる男性だけです。待ち合わせをしてホテルに行ってエッチをして。事が済めば会話はいらないと思ったのかな。とにかく初めて嫌な思いをしました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ