ありがとうの言葉をかけれくれた44歳女性

「ありがとうの言葉が嬉しかった」という34歳男性が書くちょっと変わったPCMAX体験談がありました。

予想外のセックスができた事よりも、「楽しい時間をありがとう」、という言葉を女性に言ってもらった事のほうが嬉しかったとあります。

よく分かりますね、その気持ち。

そのようなありがとうっていう言葉って、何だか女性に認められたような気分になって本当に嬉しいものですよね。

ありがとうの言葉が嬉しかった

自分の存在価値を確認できるというか。

普段の生活における人間関係がどんどん希薄になってくる中で、例え出会い系サイト経由での出会いであっても、お互いの価値を深く認め合うような出会いを見つけることができれば、それは素晴らしい事ですよね。

この体験談を読んでそんな事を考えました。

「ありがとうの言葉が嬉しかった」という34歳男性(愛知県)が書くちょっと変わったPCMAX体験談

マックスでメールのやり取りしていて一緒にご飯を食べに行った女性がいた。

自分は34歳で、相手の女性は44歳と10歳の年の差があった。

お互いにエッチ目的ではなく普通に趣味友で会ったのでずっと気楽に話ができて楽しかった、

ご飯を食べた後、自分の部屋に来てくれて趣味の話で盛り上がった。

あまりに楽しかったので時間を忘れるような感じで3時間くらいは喋っていたと思う。

もうそろそろ今日はお開きかなぁと思っていると、その女性は僕の隣に座って、

「抱いて欲しい」

 

と言って見つめてきた。

自分は趣味友だと思っていたから、かなり驚いたけどまぁそこはやっぱり男。

軽いキスから始まってすぐに貪るような激しいキスに。

そして首筋を舐めて胸を揉んでベッドへ行って乱れ合うような激しいセックス

そしてその女性は

「一緒にイキたい」

 

と言った。

そんな感じでその日は終わった。

帰りに送って行くときに、

「今日は本当に楽しい時間をありがとう」

 

と言ってくれた。

その「ありがとう」という言葉が一番嬉しかった。

女の人に「ありがとう」なんて言ってもらったのは初めてだった。