出会い系サイトでの男女の心理の違い

出会い系における男女の心理の違いをリアルに描写したPCMAX体験談がありました。

女性が書いているそのような体験談って多いんですが、今回は男性バージョンの本音ですね。

多くの男性が感じたことがあることではないでしょうかね。

関係がしっかりと構築される前にセックスしてしまうと、一気にガスが抜けるというか、急激に気持ちが冷めていく時ってありますよね。

本気で好きになりそうだったり、関係を大切にしたいと思ったならば、セックスはあえて引き延ばしたほうがよいのかもしれませんね。

でも実際にセックスできそうになった時に、自分の意思であえて引き延ばすというのは至難の業なんでしょうけどね(笑)

男女の心理の違いをリアルに描写した34歳男性(新潟県)が書くPCMAX体験談

PCMAXで可愛い子に出会う事ができ、出会ったその日に盛り上がってラブホテルに行き、かなり濃厚なセックスをすることができました。

本当によかったなぁとその晩は余韻に浸っていたんですが、問題はその後なんですよね。

相手の女の子から、

「またすぐに会いたい」

 

という内容のメールが翌朝の早くに届いたんです。

嬉しくはあるんですけど怖さを感じている自分がいることも事実なんです。

一回セックスすると女の子は結構まじで好きになったりしてくれることって男側よりも絶対に多いですよね。

そこには埋められないほどの大きな男女の心理の差があるように感じてしまいます。

あんまり凄い勢いで来られると引いてしまうというかどんどん冷めていく自分がいるわけですよ。

男女関係って本当に難しいですね。

出会ってセックスする前は、猛烈なエネルギーが湧いてくるんですけどね。

その後に関係を維持していくというのは本当に難しいです。

これは僕がダメ人間だからなんでしょうかねぇ。