可愛いあどけない女の子がどんどん開発されていく卑猥さ

かなりエッチなPCMAX体験談でした。胡座縛りという縛り方があるんですね。可愛いあどけない女の子がどんどん開発されていくという様はやっぱりエッチですよね。

【41歳の千葉県男性】
今回は胡座縛りを彼女に味あわせてみたいと考えている。胡座のような格好で縛り、そしてそのまま転がされた姿というのは本当にエロい。そして僕の手には電動マッサージ器が握られている。そしておもむろにスイッチを入れる。マッサージ器の振動音が部屋に響き渡る。彼女の表情にも緊張が走っている。

僕はこの縛りをする前に彼女の下着をはぎ取っていた。彼女は下着を着けずに、僕から与えられた制服を着ている。アソコは丸見えになっているが、こんな可愛らしくあどけない彼女のアソコがこんなにも剛毛だということだけで興奮する。そしてその黒々と豊かな茂みを分け入ってクリトリスに優しくマッサージ器を当ててみる。触れるか触れないかぎりぎりのタッチを繰り返す。その瞬間、彼女は絶叫に近い声をあげた。強く押し当てているわけではないけれどやっぱり電マの刺激は強烈だ。それに彼女はこんなプレイはたぶん初めてだろう。

僕は一度電マを彼女から離してみた。「苦しいだろ?」と少女は息も絶え絶えになっている彼女に聞いてみる。一瞬でこんな感じになってしまった彼女。僕は彼女が落ち着くのを待ってから尋ねてみる。「もう止めておく?」彼女ははっきりと首を横に振った。「欲しいの?」「はい」彼女の飽くなき欲望はもう止まるところを知らないようだ。

そして彼女のアソコに再度電マを当ててみる。先ほどと同じように、当てては離し、そして離しては当てる。3分くらい経過したころ、彼女は体を震わせ始めた。ビクンビクンと体が痙攣している。でも厳しく縛られた体は言うことを聞かない。彼女はこの体勢のままで静かに上り詰めたようだ。でも僕はスイッチを止めなかった。そうして彼女を観察し続けた。自制できないほどの快楽が彼女の身体を何度も刺し貫いているのがよくわかる。彼女が少なくとも5回はイッたタイミングで電マのスイッチを切った。

その時にはベッドはぐっしょりとしていた。おびただしい潮の量に僕は深く満足した。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ