出会い系サイトは規模のメリットが大きい

出会い系サイトというのは規模のメリットが大きく作用します。

本当に出会えると言われている大手優良出会い系サイトが5~6程度しかないというのも、その事実を如実に表していますよね。

膨大に存在している無料出会い系サイトのほとんどは1人とか数人で運営されていて、そのようなサイトは絶対に出会えない構造になっているということです。

勝ち組が一極集中するというのは他の業界でも見れられることですが、出会い系サイト業界はそれが極端なのかもしれません。

 

規模の大きな出会い系サイトしか莫大な広告費は捻出できない

例えばPCMAXは年間10億円も広告費を使っているようですが、女性会員の獲得の為にそこまで広告費を投入できる運営会社というのはなかなか存在しないですよね。

年間10億円も広告を出すPCMAX

以前、「出会い系サイトを選ぶ基準」として、インターネット空間だけで広告展開をしている出会い系サイトではなく、雑誌などのリアル空間でも広告展開をしている出会い系サイトを選ぶべきだというような事を書きました。

インターネット広告の基準は非常に緩いので、例え詐欺的な悪質サイトであっても、一応形だけ「会社概要・所在地」みたいな記述があれば広告を出せたりするんですよね。

そんなことだから悪質な無料出会い系サイトの多くがまだまだ跋扈しているような状態になっちゃうんですよね。

でも、雑誌などの広告であれば、ネット広告よりは断然基準が厳しいので、悪質サイトは広告を出せないんです。

それに、ある程度の規模の出会い系サイトじゃないと広告宣伝費が捻出できないので、リアル空間の広告は出稿できないんですよね。

例えばPCMAXなどは「EDGE STYLE」「GLITTER」「JELLY」あたりの女性雑誌に定期的に広告出稿していると書きましたが、他にもちょっとエッチ系の雑誌であったり、色んなところに広告を出しているようです。

目についただけでもこれくらいありますよ。

「恋愛白書パステル(宙出版)」
「AYA(宙出版)」
「別冊サクラミステリーDX(メディアックス)」
「恋愛パラダイス(竹書房)」
「ご近所スキャンダル(竹書房)」
「DVD愛の体験告白(メディアックス)」
「別冊本当にあった笑える話(ぶんか社)」
「まんがグリム童話(ぶんか社)」
「絶対恋愛Sweet(笠倉出版)」
「恋愛Revolution(宙出版)」

 

PCMAXなど規模の大きな出会い系サイトのきめ細やかなサービス

PCMAXなど規模の大きな出会い系サイトは、色んなきめ細やかなサービスが行われています。

例えば、不正が行われていないか、24時間365日体制でパトロール監視業務が行われているようなんです。

これもしっかりした大人数の管理体制がないと実現できないことです。

パトロールだけじゃなく、出会いの相談などのサポートも行われているようですね。

そういった地道なサポート体制が高い評価を獲得するに至った大きな要因かもしれません。

このような感じで出会い系サイトの運営というのはかなりの資金とマンパワーが必要だということが分かりますよね。

地位を確立するにはかなりの時間もかかるわけで、これから良質な出会い系サイトが新たに登場するということもなかなか難しいと思います。

 

出会い系サイト選定の際に注目すべき「理念」

あと重要なのはサイト運営の「理念」でしょうか。

無料出会い系サイトにはそんなもの全く存在しませんが、大手優良出会い系サイトのPCMAXなどでは、「世の中に幸せな出会いを広めるべく活動してまいります。」といった理念があるんですよ。

もちろん営利企業なので儲けるためにやっているという目的があるのは間違いないですが、「幸せな出会い」をどんどんマッチングしていきたいという、しっかりした理念を持っているわけです。

この違いは大きいですよね。


このような感じで冷静に分析してみると、本当に出会えるサイトはどこなのか、すぐに分かると思います。

これから出会い系サイトを使うという方は、トップページで紹介中の5サイトの中から選んで間違いないと思います。

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ