無料出会い系サイトの多くはコロコロと名称を変える

無料出会い系サイトが詐欺的な存在であるという事は、名称をコロコロと変えるという点からも伺えます。

沢山の出会い系サイトを継続的にウォッチしていると(何でそんな事をしているんだとバカにされそうですが(笑))、新しいサイトがまた出てきたなぁと思って覗いてみると、サイトの雰囲気やレイアウトがほぼ同じでサイト名だけ変更しているような無料出会い系サイトが結構あるんですよね。

運営会社が同じなのですぐに分かります。

継続して運営していると、摘発されるような確率も上がってしまうので、そのような姑息なやり方を続けているんだと思います。

もちろんそのような無料出会い系サイトは絶対に出会えないですし、スパムメールを送りまくって有料サイトへ誘導しようとする悪質な運営をしているわけですよね。

出会い系サイトは続々と新しいものが出てきますが、多くがこのような形のただサイト名だけ新しくしたものが多かったりします。

この点からも新しいサイトは新鮮に見えてしまうわけですが、絶対に使わないほうがよいというのが分かります。

「新規サイトなので荒らされておらず出会いやすいです!」みたいな売り文句で利用者を煽ってくるわけですが、「新規サイトだから出会いやすい」というロジックは絶対に成立しないので、こんなものに騙されないようにしてくださいね。

トップページでも詳しく書いていますが、出会い系サイトは新しいサイトなんてほとんど出会えないのは明らかなんです。

10数年もずっと運営され続けていて、その10数年間に、何十億円も使って様々なメディアに広告を掲載し続けることで、ようやく本当に出会える優良な出会い系サイトだという信頼が醸成されるわけです。

そしてその結果、例えばPCMAXのように会員数が1,000万人を突破する、というような状況になっていくわけですね。

そのような出会い系サイト業界の裏側のような事もトップページには書いているので、お時間のある時にでも是非じっくり読んでみてください。

⇒⇒ 出会い系サイトについての深い考察

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ