絶対に出会えない仕組みになっている無料出会い系サイト

ほとんどの(というか全部です(笑))出会えない無料出会い系サイトは、女性会員が少ないとか、タイミングが合わないとかという理由で出会えないんじゃないんですよね。

無料出会い系サイトを運営している会社が、最初から出会える仕組みを作っていないんですよ。

これって最初に聞くと衝撃を受けますよね。

「そんなの完全に詐欺じゃないか!」

 

と。

そうなんですよ、はっきりいって完全に詐欺なんです。

例えばトップページで紹介している5つほどの優良出会い系サイトであれば、それぞれのサイトのSNSを覗くと沢山の女性が書き込んでいます

優良出会い系サイト

 

これは本物の書き込みなんですよね。

うまくこちらに興味を持ってもらうことができれば結構な確率で実際に出会えます

ちゃんと出会える仕組みを優良出会い系サイトは作ってくれているわけです。

そして業者などの書き込みがないかどうか、常時パトロールしてくれているんですね。

でも詐欺的無料出会い系サイトは、SNSなど存在しないサイトも多いですし、例えSNSがあったとしてもそれはすべてサクラが書き込みをしたものなんです。

男女が自由にやり取りできる場所が最初から用意されていないんですよね。

登録すると、業者から一方的にスパムメールが大量に送られてきます。

ただそのようなスパム的なサクラメールを送るためだけに男性を登録させているんですよね。

ちょっと慣れれば、サクラ丸出しのレベルの低いメール内容なので笑っちゃうんですが、まだ出会い系サイト慣れしていないピュアな男性はそれで引っかかってしまうわけですよ。

このような詐欺会社は摘発されてほしいんですが、たぶん会社所在地も架空の場所を掲載しているんでしょうし、実態がなかなかつかめないんでしょうね。

だからとにかく、無料出会い系サイトなんて使わないという事しか身を守る術は今のところないということなんですよね。

 

広告収入で出会い系サイトを運営するなんて絶対に無理

無料出会い系サイトの欺瞞の一つとして、

「本サイトは広告収入で運営しているので、サービスはすべて完全無料でお使い頂けます!」

 

というような謳い文句があります。

これも業界を少しでも知っている人であれば、すぐに嘘だと分かる事なんですが、出会い系サイトを使い始めた人には分かるわけもないし、非常に魅力的に見えてしまうんですよね。

出会い系サイトを広告収入だけで運営するなんてことは絶対に無理なんです。

そんなことを言っている無料出会い系サイトに、自社サービス以外の広告なんてほとんど入っていないですしね。

無料出会い系サイトのモデルは、「無料!」というキャッチで多くの男性を集めて、大量のサクラメールを送りつけて有料サイトへ誘導する、というパターンなんですよね。

もっと悪質なものになれば、直接こんな感じの詐欺的メールが送られてくるんです。

「あなたは有料の出会い系サービスを使っているにも関わらずまだ支払いが行われていません。○○日までに○万円振り込みをして下さい。もし期日までに振り込みが確認できなければ法的に対処いたします。」

 

というような感じですね。

出会い系サイトを使っているというユーザーの後ろめたさに付け込んでくるような最低のやり方ですよね。

こんなものは完全に無視すればいいわけですが、奥さんや彼女にバレたりしないか、と焦ってしまって振り込んでしまう男性もいるわけです。

こんな詐欺的な無料出会い系サイトが撲滅されていくように、これからも少しでも情報発信していくつもりです。

 

無料出会い系サイトを実際に運営していた人の話

ある無料出会い系サイトを過去に運営していたというネット系サービスを提供している人に話を聞く機会がありました。

話を聞いている途中で腹が立ってきてずっとイライラしていたんですが、小規模な無料出会い系サイトというものの実態は本当によく分かりましたね。

出会い系サイトって、出会えるちゃんとした優良サイトを構築していこうと思えば、それは大変な仕事で、お金も膨大にかかるんですよね。

出会えるサイトにするには女性会員を集めなければならず、それには膨大な資金が必要になるようです。

例えばPCMAXなんて年間10億円くらいの広告費を投入しているようですし。

小規模な会社ではそのようなお金を用意することはできるはずもなく、本当に出会える優良出会い系サイトというのは5~6つ程度しか存在しないということになるわけですね。

その他多くの(ほとんどが無料出会い系サイト)出会い系サイトは、最初から男女をマッチングさせることなんて考えていない詐欺サイトになるわけです。

そのようなサイトは、安くサーバーを借りて、サイトトップページを作れば「はい、完成!」みたいなレベルで簡単にできちゃうようなんですよ。

雑誌とか、ある程度の広告出稿基準がある媒体には、そのような詐欺サイトは広告を出せないわけで、ネット上で簡単なSEOを実施したり、アフィリエイト広告で男性会員を集めるわけですね。

そして無垢な男性に対して詐欺的な商法を展開していくわけです。

話を聞いた無料出会い系サイト運営者も、具体的な数字は口にしませんでしたが、結構儲けていたような雰囲気でした。

無料出会い系サイトなんてほとんど資金をかけることなく運営開始することができるので、あとはスパムメールを送り続けて多くの男性を騙せば騙すだけ儲かるということになるわけですよね。

このような無料出会い系サイトの詐欺的な本当の姿を多くの人に知ってもらうことで、被害は減っていくと思うんですけどね。

⇒⇒ 本当に出会える大手優良出会い系サイトとは?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ