奥さんが浮気していた事について

今では子供が2人いて、そしてまた仕事の関係で引っ越して、新しい生活が始まっています。

奥さんが浮気した事を友達とかに話すると、「よく許したよな。俺だったら絶対に離婚してるな。お前は大らかだな。」という反応がよく返ってきます。でも決して「大らか」ということではないと思うんですよね。ただ普通の感覚とはちょっと変わっているという事なんだと思うんです(笑)

でも一番きつかったのは、奥さんの日記を見た時かもしれないですね。ある理由があって、奥さんが当時に書いていた日記を読む機会があったんです。
そこに書かれていた一番衝撃的な事は「○○(彼)の子供がどうしても産みたい。」と書かれていたことだった。「どうしても○○の子供を産みたいのに、今月も生理がきて駄目だった。本当に悲しい。」などと綴られていたんです。その当時、結婚したばかりで僕も仕事が凄く忙しかったので、子作りなど考える余裕もなく、中出しなんて一度もしたことがなかったんです。それなのに、彼とはただ偶発的に中出しをしたとかいうレベルではなく、子供を産むたいが為に中出しをしまくっていたという事になるわけですね。この事実はさすがに堪えましたね。怒りが沸々と湧いてきました。

そして産婦人科に行ったということも書かれていたので、実際に妊娠したのかもしれません。そのあたりは詳しく書かれていなかったので分かりません。

とにかく色々としっかり話し合わないと、ちゃんと深い絆で結ばれた関係を維持していくことはできないと思いました。もちろんうわべだけの夫婦というのはいくらでもいるのでしょうが、そうなるのであれば離婚したほうがよいと思いました。

そして僕も今までの女性関係のことも話してしまおうと思ったんです。そこまでむちゃくちゃしてきたわけじゃないですが、20歳から付き合っているので、特に20歳前半という時期は、他の女の子とエッチしたいという欲求を抑えることができずに何度か浮気しました。20代後半にもなってくると仕事が忙し過ぎて浮気なんてする時間もなかったから、それは逆によかったんですけどね。

その時に自分の性的欲求の事も包み隠さず話をしました。時々、どうしても他の女の子とセックスしたくなることがある。ここ数年は忙しかったから時間的にも精神的にも余裕がなくて浮気はしていない。セックスしたくなったらオナニーで我慢している。でもこれからはそれがどうなるか分からない。20代の前半には何人か他の女の子とセックスしたことがある。でもどの女の子とも何回かセックスしただけで長く関係が続いたわけではない、ということなどを。

可愛くて魅力的に感じた女の子とはセックスしたいと思う。この欲求はこれからだって変わらない。実際に浮気するかしないかは、時間的、精神的な余裕がその時にあるかどうかという状況によって決まるものだと思う。だからそのような状況になれば、これからだって浮気する可能性は十分にあると思う、というような事も。

でも、○○(奥さん)の事は深く愛している。これは何があっても変わらないと思う。○○がこんなに他の男の事を好きになっても、そしてその男の子供を産みたいと強く思ったとしても、その気持ちは変わらないんだから、それはこれからだって変わらないと思う。ただ性欲はまた別物だというのは男の性だと思う。もちろん他の女の子とセックスして、その女の子が魅力的であれば好きになる事もあるかもしれない。でも○○を愛しているという事はそれとは全く別の次元であり続けると深く感じている、という赤裸々な本音も話しました。

奥さんはその話を最後は涙を流しながら聞いていました。そして自分の事を話し始めました。私は○○(僕)と20歳の頃からずっと付き合ってきて、他の男の人をちょっといいなと思う事はあっても好きになったことは一回もなかったし、もちろん体の関係を持った事もない。友達が浮気や不倫していると聞くと、そんな事は絶対にするべきじゃないと言ってきたし、自分も浮気は絶対にしたら駄目だと思ってきた。でも彼と出会って、段々と彼の事が好きになってしまい、もうその気持ちを止められなくなってしまった。今までそういった事に免疫がなかったから、もう行きつくところまで行ってしまったという感じ。彼は結婚もしているし子供いるけど、奥さんとはうまくいっていないし離婚することを考えていたみたい。そういう弱い彼を守ってあげたいという気持ちも、ちょっと異常なほどのめり込んでしまった原因だとも思う。でも今は冷静になっているし、もうあんなことにはならないと思う。自分でも今回のことは本当に勉強になったと思っている。○○には本当に迷惑をかけてしまったけど、もう子供もいるしあんなに視野狭く突っ走るようなことはないと思うから、そこは安心してほしい。○○の本音も聞けてよかった。やっぱりショックな部分はあるし、それをすべて受け入れるということは気持ち的に難しいと思うけど、でもそういう深い部分の本音を聞けて、また違った深い関係を築けるような気がする。

そのような話をしてくれました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ