村上春樹の小説が大好きな女の子との激しいセックス

大学生の頃、同じクラスの凄く大人しい女の子と村上春樹の小説について色々と話をした。
村上春樹の小説において「セックス」はとても重要な位置を占めている、という事などについて。
小説の中に出てくる「自己療養行為としてのセックス」と「暇つぶしのセックス」について深く語り合った。

普段はあまり誰とも話さないような女の子だったのに、最初は照れながら、そして徐々にセックスやオナニーについて赤裸々に語ってくれた。

そして数時間にも及んで語り合った後に、激しいセックスをした。普段は大人しい女の子が欲望剥き出しに感じまくる光景は異様にエロくて興奮した。でもそのエロさが何故かとても美しく愛おしく思えた。

欲望剥き出しで、恥部を全て曝け出すようなセックスは、自己療養的な要素を大いに満たすということをお互いに深く自覚し合った。

とても濃密で美しく、また切なさも伴ったような時間だった。

そしてまたそんなセックスをしてみたいと思って出会い系サイトを使っている面もある。

でも今の出会い系サイトには、「暇つぶしのセックス」どころか、「お金目的のセックス」ばっかりが溢れている。

まぁそれはしょうがないですね。本当に出会えると評判の出会い系サイトほど、そういう女性も沢山紛れこんでくるのは世の摂理ですから(笑)

だから自分でしっかりと選別していかなければならない。

「自己療養行為としてのセックス」だけを求めているわけではないけど、とにかく濃密なセックスがしたい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ