腋を舐めたいという性癖を自覚する

前回の投稿からの続きです。

腋を舐めたいという自らの欲望を知る

腋を舐めたいという性癖をどのようなきっかけではっきりと自覚するようになったのか、書いていきたいと思います。

心の奥底にずっと溜め込んでいて、絶対に曝け出す事はないだろうと思っていたような事を語り合ったおかげで、二人の関係性は色んな面で変化していきました。

負の感情としての「嫉妬」というものは、もちろんあるわけです。結婚しているパートナーが、他の異性に好意を抱く、そしてセックスしたいという欲望を抱えている、という事をすんなりと受け入れるのはやっぱり難しいことです。でも「嫉妬」という感情から目を逸らさず、その感情を直視してそれをじっくりと観察する、深く向き合うという作業は、大いなる内面的な深みをもたらしてくれたように思います。

お互いに不完全な存在であるということを理解し、自らの欲求をただただ押し殺すのではなく、またその欲求を剥き出しに発散させるということでもなく、「それ」は自らの意思とは全く独立して存在するということ、そう理解しようと努めることで、今までよりも素直に心穏やかに生きることができるようになったと感じています。

奥さんとのセックスは以前と同じようにだいたい月2~3回くらいのペースでしています。ただセックスは以前より間違いなく濃密になりました。

こんなに長く付き合っていると、もちろんセックスにおける倦怠期みたいなものもありました。奥さんとセックスしている最中に他の女性の事を考えながらしていた事も以前はありました。でも今はそのようなセックスはなくなりました。セックスしている最中、奥さんの事が本当に愛おしいと感じます。そして奥さんが感じている表情に、以前より何倍も欲情するようにもなりました。お互いの感度も間違いなく高まっています。

腋を舐めたいという性癖

自らの欲望に深く目を向ける事によって、今まで自分の中に眠っていて意識しなかったようないくつかの「性癖」もはっきりと自覚するようになりました。

もともと「お尻フェチ」だったんですが、お尻好き度合いが今までよりも更に強烈に高まりました(笑)

それに女性の腋に自分がここまで興奮するようになるとは思いませんでした。

綺麗に完璧に処理した腋よりも、少し剃り残しがあるような、そしてシャワーを浴びていない汗などのニオイが残った腋を舐める事が大好きになりました。

今までセックスの最中にここまで腋を舐めることなんてなかったので、奥さんはその変化に最初は少し戸惑っていたようでしたが、今では腋を舐めてもらう事に興奮するようになっていきました。

両腕を上げて頭の後ろに固定するような格好で、そのまま腋を舐めながら正常位で挿入するというパターンが二人のお気に入りになりました。

また奥さんは、自分が「M」である事を更に深く自覚するようになったようです。

例えば、バックから挿入している時にお尻を叩かれる事に大いなる快楽を感じるようになったようです。どんどん淫乱になっていっているように思います。フェラも前より断然好きになったと言っています。

そのような性的な部分での変化もお互いに楽しんでいます。

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ