お尻フェチの男性が最高に興奮した出会い系サイト体験談

お尻フェチの52歳男性が書いているPCMAX体験談がありました。

僕もこの男性の方の気持ちは本当によく分かりますね。深く共感してしまいました(笑)

僕も極度のお尻フェチなんですが、大きくてプリプリしたお尻の持ち主であれば性格が悪くても離れられなくなってしまうんですよね。

ただお尻とセックスしてるような感じです(笑)

それも出会い系サイトならではの出会いということですよね。

 

お尻フェチの52歳男性(愛知県)が書くPCMAX体験談

今回は自分からではなく、相手から誘ってくれた彼女に会ってきましたよ。

事前のやり取りの雰囲気で、最初から絡みますという感じだったので、面倒なことはなしに即ホテルに移動して絡むことになりました。

ホテルに着いてシャワーを浴び、いざお互いに全裸になると彼女の腰からお尻のラインが最高にエロいんですよね。

極度のお尻フェチの自分にとって今まで出会った女で一番興奮するラインでした。

かなり興奮していたので、ベッドに入るなり貪るように全身を舐めまわし、電マも使ってすぐに彼女のアソコは濡れ濡れになっていました。

少し正常位をしてから、すぐに大好きなバックへと移行。

お尻フェチの自分には四つん這いになった彼女の腰からお尻のラインにあまりに興奮しすぎて、すぐに我慢できずお尻にぶちまけてしまいました。

もう少し楽しみたかったんですけどね(笑)

でも最高でした。

また絶対に会いたいと思いながらさよならしました。

凄くいい子だったんですが、もし仮に性格がめちゃくちゃ悪くても、あのお尻の持ち主であれば私は尽くし続けることになると思いました(笑)

それくらい素晴らしいお尻でしたね。

 

お尻フェチという性癖をとことんにまで深く満たす

お尻フェチ度合いが強烈に伝わってくるような体験談でしたよね(笑)

お尻フェチという性癖だけに限らず、自分の持っている人には言いづらいような性癖でも、出会い系サイトでの出会いであれば思いっきりその性癖を深く満たせるような事って多いんですよね。

普段の生活で顔を合わせる事もない見ず知らずの相手とであれば、やっぱり恥じらいを感じることなく、欲望剥き出しのセックスができる可能性は高いわけですね。

もし、なかなか人には言いづらい性癖があるという方なら、思い切って出会い系サイトを使ってみればいいと思いますよ。

 

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ