出会いたい症候群に陥った男性の出会い系サイト体験談

出会い系サイトを使うことで一喜一憂している男性のリアルな心情が描かれている体験談(PCMAX)を見つけました。たぶんこの男性もそうだと思うんですが、「出会い系サイト依存症」みたいになっている人って結構いるんですよね。何度かいい出会いを味わうと、さらにいい出会いを求めてどんどんのめり込んでいくという感じでしょうか。

PCMAXとか出会える優良出会い系サイトの体験談コーナーを覗いていると、そういう書き込みが結構目につきます。新しい出会いというのは本当に刺激的で一度味わうと病みつきになりますしね。

【37歳の愛知県男性】
一時期はマックスで今までの人生で出会ったことがないような可愛い女の子と出会いまくっていたのに、最近はいい出会いがないので落ち込む日々です。まぁ出会いが全てじゃないって思うけど、せっかくの出会いがだめになると落ち込みが激しいのは事実です。新しい女性とメールのやり取りが始まったり、出会えることが決まると、本当にテンションアップで毎日が楽しくなります。そのような時期は仕事も全く苦じゃなくなります。

でも、せっかく出会ったのにメールが来なくなったり、会ったけどイマイチだったり、メールの途中で相手の印象が悪くなったりしてくると大幅にテンションダウンしてしまいます。何だか憂鬱な毎日になりますね。そういう時って他にも悪いことが重なるもので、仕事もイマイチだったり、対人関係にも悪影響を及ぼします。

そんな時、日常ですれ違う女性で容姿のいい女性を見かけると、ちょっとイラっとしてしまうんですよね。それは、女性に対しても自分に対してもです。「なんでこんな綺麗な可愛いスタイルの良い女性が存在するんだろうか。いなかったら自分がうやましく思うこともないのに」「俺は何でこんなに女好きなんだろう?赤の他人なのに、すぐに目移りしてしまう。何かこんなみじめな思いはしたくない」こんなことを繰り返して、出会い活動をいつまで経っても辞めることができません。

まさに「出会いたい症候群」。でもずっと使ってると定期的に強烈に出会える時期がやってくるのは分かってるので、その日に向けて今日もまた頑張りますよ(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ