出会い系サイトでの驚くほどの偶然の出会い体験談

何とまぁ不思議なPCMAX体験談がありました。凄い確率の偶然の出会いということですよね。郊外の大きめのコンビニの駐車場というのは、出会い系サイトでの出会いの場所として利用されることが多いようですが、まさかそんな偶然があるとは思いもしませんよね。ある意味でPCMAXの凄さを物語っているような気もしました。そして僕なら絶対に彼女を送り返さなかったでしょうね(笑)

【48歳の神奈川県男性】
数年前のマックスでの出会いが今でもすごく印象に残っているんです。ある時、アド交換はできなかったけど、会う約束をすることができ、待ち合わせ場所のコンビニ駐車場に車で向かった。着いたので連絡してみると、今、向かっています、ということだったので少し待つ事にした。特に服装とか特徴とか、そういったやりとりはなかった。

しばらくして、きょろきょろと周りを見回している女性が駐車場に現れた。あっ、彼女が来てくれたんだ!とドキドキしながらもかなり嬉しかった。車のドアを開けて、挨拶して、助手席に招き入れた。この瞬間がドキドキのピークでもあるけど、この刺激が病みつきになる。

そして早速、車を走らせて会話をしてみると、何かマックスでの事前のやりとりとはズレが感じられてきた。あれっ、何か違うなぁ彼女も感じたらしく、お互いに改めて確認してみると、何と何と、凄い偶然なんだけど人違いらしかった。彼女もマックスを使って待ち合わせの場所に指定したのが、あのコンビニの駐車場だったらしいんです。いくら出会い系サイトでの出会いでコンビニの駐車場を使う人が多いとはいえ、まさかこんな偶然があるとは思いもしなかった。

僕と彼女はお互いに驚きながら、このあまりの偶然に話が弾んだけど、元のコンビニ駐車場へ送り届けました。果たして彼女は約束の人と会えたのだろうか。僕は結局、約束の人とは会えなかったのです。本当に不思議なマックス体験でした。でも、今でも後悔しているのは、やっぱり彼女をコンビニ駐車場まで送り届けず、一緒に居ればよかったなぁということです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ