旦那に隠れて秘密の恋を楽しむ31歳若妻

旦那に隠れて秘密の恋

旦那に隠れて秘密の恋を楽しむ31歳若妻のPCMAX体験談がありました。

31歳の若妻で、たぶん子供はおらず、旦那とはそこまで仲は悪くないけど、まだまだ恋もしたいしドキドキのセックスもしたいから出会い系サイトでカッコいい彼を探している、という感じじゃないでしょうね。

旦那に隠れて秘密の恋を楽しんでいる若妻は、PCMAXに本当に多いですよ。

リアルな体験談を是非読んでみて下さい。

 

旦那に隠れて秘密の恋を楽しむ31歳若妻(長野県)が書くPCMAX体験談

旦那に隠れて秘密の恋を楽しむことが私の人生の潤いとなっています。

ある日、信じられない事が起こりました。

今日私は昼12時からお仕事でした。

その前にPCMAXで出会い好きになってしまった彼、会う気があるのか?ないのか?わからない彼とメールやり取り。

 

「今日もお仕事だよね?頑張ってね」

 

「今日は昨日の雪の影響で仕事休み」

 

「良かったね、ゆっくり休んでね」

 

「真理は何時から仕事?何時まで?遅番なら今から会う?」

 

「今日は中番で12~4時なんだぁー。なかなかタイミング会わないね」

 

「そーかー。本当なんでだろうね?こんなに会いたいのに!」

 

「ありがとう、機会が会ったらだね、行ってきます」

 

彼から誘ってくれた事がめちゃくちゃ嬉しかったのに。

でもメールだけだし、これくらいで浮かれちゃいけない。

今まで何度かドタキャンされたこともあるから。。

仕方なく仕事に。

いつもは夜番で夕方から入るのですが、たまに人がいないと日中に入れられてしまう。

そんな日に限って彼が休みだなんてタイミング悪いな。

そして仕事が終わり、更衣室でスマホを見るとメールが、、彼からだった。

15:50

「 真理の働いてるとこの駐車場北側にいるよ」

 

ん?何?絶対ウソだー

16:04

「またまたー?暇潰しに書いたんでしょー?」

 

と返信。

メールしながら制服から私服に着替えを済ませる。

 

16:08

「本当にいるよ(笑)ウソだと思うなら騙されたと思って来てみなよ!」

 

16:11

「マジで?これでウソだったら死ぬからね!」

 

16:14

「せっかく来たのに帰ろうかな?」

 

パソコンのタイムカードを押し、ドキドキしながら早足で北側に向かう。

方向音痴の私。

東西南北よくわからない(笑)

キョロキョロ探すがわからない。

 

「北わからない」

 

「(笑)英会話教室の方かな?」

 

早足で行ってみる。

1度しか見てない夜に乗った車、たしか黒だったような。。

すると、、いましたー。

本当に彼がいたんですー!!

車の中から笑ってましたー。

2回目の再会できました。

嬉しくて涙出そうだったぁー

だって彼は休み、私は仕事で会えないと思ってたのにー、サプライズじゃないですかー?サプライズですよね?!

彼が来てくれるなんて。。

 

「どーしたの?マジで嬉しいんだけどー」

 

「夜9時過ぎだと旦那さん迎えに来ちゃうって言ってたから夕方なら大丈夫かなと思ったからさ」

 

「良く覚えてたね?本当に嬉しい」

 

車のエアコンと早足で来たせいか、それとも緊張のせいか、風は冷たかったのに汗が吹き出て止まらなかった。

 

「暑いね」

 

「そーかな、走って来たからだよ」

 

「走ってはないけど、仕事で化粧も落ちてるし、なんか顔赤いし恥ずかしいよー」

 

「初めて会った日も夜だったし、お互いお風呂の後だったし真理すっぴんだったじゃん。だから全然大丈夫だよ。今からどーする?会って毎回ホテルじゃあれだから早いけどご飯食べ行く?」

 

「私はホテルでもいいよー。でも、その前に旦那に夜番に休みの人が出て、交代になったって電話しとく。」

 

車から降りて電話。

旦那納得。

旦那も帰るの7時ぐらいになるとの事。

私は遅番の仕事しているフリだから9時までは大丈夫。

約4時間はゆっくりできる。

これは旦那に秘密の私の大切な恋

旦那に嘘をつくことがだんだん平気になってる。

車に戻り手をつなぐ。

嬉しくて自然と顔がヘラヘラしてしまう。

 

「ホテルでもいいよ?」

 

「でも昨日のメールで生理近いから下っ腹痛いって言ってたでしょ?」

 

「覚えてた?大丈夫だよー?したい。」

 

「いつでも会えるんだし、できるよ。ご飯だけにしよ?」

 

「もー、私としたくないんでしょ?」

 

「そんなわけないじゃん。したくなかったら会わないし、わざわざ会いにこないよ。真理に会いたくてしかたなかったんだよ。真理は信じてくれなかったみたいだけど。」

 

「ごめんね」

 

「いいよ。ご飯食べ行って、どっかに車とめて話そ!」

 

近場だとやばいので20分ぐらい走って和食屋さんに。

食べた後は私が知ってる公園に車をとめて、お話しとイチャイチャ、キス

首が弱いの知ってるから首ばかり舐めてくる

 

「したくなるー」

 

「本当。でもまたがあるからね」

 

「あるかなぁー?」

 

「真理は俺が嫌いなの?信じてくれないの?」

 

「大好きだよー。信じる」

 

「俺も好きだから毎日メールするんだよ、嫌いだったらしないでしょ?3年ぐらい彼女いなかったから毎日楽しいんだからね」

 

「嬉しいよー」

 

長い事キスして、彼の顔写メをお願いして撮らせてもらって帰る事に。

彼は小泉孝太郎さんが日焼けした感じのイケメン

昼間運転中は眩しいからとサングラスかけてるから、ホストっぽい遊んでる感じに見えるんですけどね。

でも話すと優しくて目がフニャーとなるんです。

のろけちゃったな。

そんな訳で今日は嬉しくて眠れません

写メは穴があく勢いで暇さえあればみています

見切りをつけよーかなぁとも考えていたけど、彼も会いたいと思ってくれていたので良かったです。

先はわかりませんが、、彼が飽きるまで、彼女ができるまではこの秘密の恋を楽しんでいたいです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ