出会い系サイトで癒しを求める女性達

PCMAXの「出会い体験談」を読むのにハマってしまってます(笑)

エロいSEX描写満載の体験談から、女性の気持ちを洞察するような体験談まであるので、出会い系サイトでどうやったら出会えるのかというような参考にもなるんですよね。今日はこの体験談に注目してみました。

■大阪府43歳男性の出会い体験談
「待ち合わせをした相手は30前後の背の低い女性でした。秋頃だったので、彼女は赤いセーターを着ていたのですが、バストが大きなことは一目でわかりました。私たちは互いに相手を確認すると、お決まりのコースでラブホに入りました。そこで少しばかり話をしていたのですが、話の所々で彼女は早く抱いて欲しいとせがむのですが、どうも様子が変なので、どうかしたのか聞きました。私はセックスは好きですが、妙なわだかまりを持ったままや、相手が後悔するようなセックスはしたくなかったのです。彼女には複雑な事情で、自暴自棄になっていたようで、それを忘れたくて、セックスがしたいと言いました。男が女を癒すときは抱けばいい、なんてことを何かで見ましたが、私はそんなキザなことはできないので、彼女に2時間くらいずっと言いたいことを言わせたんです。スッキリしたのか、落ち着いた彼女に私はセックスをするかどうか聞きました。彼女は話を聞いてくれたお礼にセックスしてもいいと言いましたが、雰囲気に流されてそんな気持ちでセックスをしたら、後で彼女が後悔すると言って、結局彼女は何もせずにラブホを出ました。格好つけてしまったけど後で勿体無いことをしたなぁと後悔しました(笑)」

何かいい話ですよね(笑) 共感してしまいましたよ。

この女性の場合は極端かもしれませんが、出会い系サイトを使ってると、何か嫌な事があったり不安な事・寂しいと感じることがあって、セックスをして癒されたいという女性が多いと感じます。そしてセックスをすると憑き物が取れたように穏やかな表情になったりすることも多いんです。

僕がこの男性の立場だったら絶対にセックスしてましたね(笑)

セックス後にする話とか女性への向き合い方で、お互いにとって「後悔ばかりのセックス」になるか「最高に癒しのセックス」になるかは決まるんだと思います。

自分の体験を思い出しつつい色々と考えさせられた素敵な体験談でした。出会い系サイトってやっぱりこんな素敵な出会いもあるから止められないんですよね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ