匂いフェチの25歳薬剤師の生フェラが最高に気持ちよかった体験談

即会い即ヤリ系のエッチなPCMAX体験談を見つけました。

お互いがムラムラしている状態でタイミングよく会えれば、この体験談の方のように最高にエロくて気持ちいいセックスに発展する可能性は高まりますよね。

これぞ出会い系サイトの醍醐味という感じの体験談でした。読んでて興奮しちゃいました(笑)

匂いフェチ25歳薬剤師とセックスした43歳男性(千葉県)が書くPCMAX体験談

匂いフェチの可愛い25歳薬剤師とセックスすることのできた体験談を書きます。

夜の8時頃、山下公園近くのファミレスで夕食を食べながらも、ムラムラしていたのでPCMAX掲示板を見ながら書き込みをして反応を待っていた。

最初にコンタクト出来た女の子は、「23歳、横浜市内に居ます。」という子で、「お気に入り」ボタンを押して待っていると5分くらいで「横浜マリンタワー前で待ってます」という返信あり、残っていたご飯を急いで食べて、待ち合わせ場所に直行した。

でも10分待っても20分待っても現れない。遠くから2人組の女の子が、笑いながら見ていたので「これは騙されたのか」と思い、その場所から離れることにした。

こんなこと始めてだったんですが、あまりにも出会いを焦りすぎるとこんなこともあるんですかねぇ。

それからしばらくすると「今、菊名駅前で友達と飲んでます。もうお開きなんですが」というメールがあり、彼女の家が新横浜駅で一旦下車する為、新横浜駅のケンタッキーの前で待ち合わせることにした。

待ち合わせ場所に着くと、店の前に若い女の子が立っていた。「○○さん?」と聞くと「はい」と言った。可愛い子だったので心が躍った。

25歳の薬剤師らしく、今日は学生時代の友達との飲み会で「みんなの彼氏との生々しいエッチの話を聞いていたらウズウズしてきた」との事だった。

そのまま駅近くのラブホに入ることにした。

シャワーを浴びようと服を脱ぐ彼女を背後から抱き締め、ブラジャーを取り背後からオッパイを揉んだ。パンティを脱がしてアソコに手を伸ばすと、すでに濡れていた。

彼女が、「我慢出来なくなってきたよ」と言うのでそのままベットへ。

お風呂に入る前のちん○を生フェラ、音をたてながらしゃぶった。

後から聞いた話では、興奮してくると無性にフェラがしたくなるということだった。

ちん○の匂いを嗅ぎながら舐めていたので、彼女もたぶんかなりの匂いフェチなんだろうなぁと思った。

彼女をベットに押し倒すと「上がいい」と、ちん○に手を添えて騎乗位で挿入。

彼女は「久しぶりのセックスなの」と腰を振り始めると、すぐに身体をビクンビクンと震わせ絶頂を迎えた。

お尻を持ち上げてバックで突き上げると再び絶頂する。

最後は正常位になりオッパイを揉みながら突き上げると、こちらももう限界、彼女のお腹の上に大量の精子をぶちまけた。

その後、お風呂に入り帰り支度をし、あまりに気持ちよかったので彼女にお礼を渡そうとすると「スッキリしたからそんなのいらないよ。あっでもタクシー代だけ貰っちゃおうかな」と言いながら二人で仲良くホテルを出た。

とても素敵なひと時だった。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ