PCMAXで初めて処女とセックスした時の体験談

人生で初めて処女とセックスしたという男性が書くPCMAX体験談です。エッチ経験豊富な感じの女性とPCMAXで知り合い、そして実際に出会ってホテルに行ってみると、実は処女だったという驚きの展開などが綴られていました。

確かに出会い系サイトで出会ってセックスを楽しもうとしていた相手が処女だったらびっくりしますよね。セックス慣れした、フェラとかも抜群にうまい女性と、本能のまま乱れまくるようなセックスをしたいという男性も多いと思います。でも、この体験談のような、可愛い感じの処女だったら、セックスしてみるのもいいかもしれませんよね。

処女を捨てるというのは、女性にとっては印象深い出来事になるだろうし、その相手になるというのは何だか嬉しいような気がしないでもないですね(笑) 最初からいきなり最高のセックスにはならないでしょうけど、何回も体を重ねていくうちにどんどん良いセックスができる、という過程は楽しそうだし、二人だけの誰にも言えない大切な秘め事みたいな感じになりそうですよね。

 

 

【PCMAX体験談・35歳男性(和歌山県)】

 

PCMAXでの「ある驚きの出会い」について書いてみたいと思います。良さそうだなぁと思った女性とメッセージのやりとりを始めました。やり取りの感じだとエッチにけっこう積極的な女性だというイメージを持っていたんです。そして実際に会ってみると、何だかちょっとぽわわんとした感じの女性だったので少し驚きました。でもそういう雰囲気の女の子は嫌いではないし、こんな雰囲気の子とどんなエッチになるのか、凄く楽しみになってきました。

メールのやり取りの段階で、ホテルに行こうという約束もしてたので、そのままホテルへと向かうと、「女の子とならホテルに入ったことがあるけど、男性とは初めてなんです。」と彼女が言ってきたのにはびっくりしました。メール段階ではエッチ経験は豊富な感じだったので。

そんな事がありつつホテルに入ると、僕の最大のお楽しみの一つでもあるコスプレをお願いしようとしたんです。すると彼女は、衣装を見て恥ずかしいの連発なんですよ。エッチ経験豊富だろうからコスプレもノリノリでやってくれると想像していたのに、全く違う反応でした。まぁそれでも何とか着てもらってエッチな事を始めようとしたんです。

するとここで驚きのカミングアウト。実はエッチの経験もなく、男性に触られるのもほぼ初めて、ということらしい。。何と、、処女だったのか。。処女とセックスなんてしたことないし、どうしたらいいんだろう。。ちょっと困惑してしまいましたね。でも、このまま何もしないというわけにもいかず、相手も緊張しつつもエッチすることを期待もしているわけで、人生初の処女とのエッチが始まりました。

彼女はホテルのタオルを握りしめながら体を預けてきました。緊張で全身しっとりと汗ばんでいて、それも恥ずかしさを助長させていたような気がします。まずは胸を下着の上から触り、声もかけながら緊張をほぐしていこうと思いました。でも緊張というのは伝染するもので、こっちも緊張してくるんですよね。

しばらくして少しずつ緊張もほぐれてきたようで、あそこも湿り始めてきました。そこで直接触ろうとしたのですが、「そこは。。。」と反射的に避けられてしまったので、いったん止めて衣装をチェンジすることにしました。次はチャイナ服を着てもらって、また下着越しに体を弄っていたら「寒くなったから布団に入りたい」と彼女。そのままベットの中に二人で入りました。

足を絡めながら触っていると、彼女は顔を近づけてきて、「直接触って」と言ってきました。下着の中に始めて手を入れ、直接触れてみると、もうグショグショに濡れていました。処女とはセックスしたことがないから分からないけど、処女でもこんなに濡れるんだ、、とびっくりしました。優しく丁寧にほぐしていき、入り口はやはり痛いようなので、周りから時間をかけて触っていきました。

クリの位置を確認して、ほぐれ具合も確認してから、入り口から少しづつ指を入れていきました。彼女の反応を確認しながら、その初々しい感じ方を楽しみながら、指をゆっくりと動かしていきます。僕の勝手な感覚ながら、今の感じで続けてるともう少しでイキそうだな、と思っていたら、彼女から「もうダメです。もうダメ。」と、NGが出てしまいました。僕は女性にそのように言われると、いつもすんなりと引いちゃうんですよね。自分に自信がないんだと思います。ただのヘタレですね(笑) 強引ながらもう少しでも続けていればなぁと思いはしましたが、そこで終了。

でも彼女からしてみたら初めての体験で、今までに味わったことがない快楽を味わったわけで、そこから急激に進んでいくのは少し怖かったのかもしれません。終わったあと、彼女は少し照れたような笑顔で「ありがとうございました。」と言ってくれました。何かその言葉がとても嬉しかったです。今日はその言葉だけで僕は満足でした。

表情から察すると、うわべの言葉だけということではなく、本心で満足してくれたようでした。そして次にまた会おうね、と約束したので、次に彼女に会ったときは今回以上に気持ちよくなってもらえるように、僕も頑張りたいと思います。セックスに慣れていない女性にどのようにすればよいのか、もっと勉強しなければなりませんが。そして次こそは彼女に初めてセックスでイクという感覚を味わってもらいたいと思っています。もちろん僕も次は彼女の中でイキたいですし。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ