寝取りした人妻

「寝取り」セックスが異様なほど興奮する本当の理由とはいったい何なのか。

その前に「寝取り」とはいったい何か。

「寝取り」とは、友達や同僚など、近しい関係の人の彼女や奥さんとセックスする、ということですね。

寝取りセックス

草食化しているとも言われる今の若い人達の多くにとっては、何でわざわざ「寝取り」セックスなんてしなければいけないのか、訳が分からないかもしれません(笑)

でも一昔前まで、「寝取り」にハマる人たちは一定数間違いなく存在していたのです。

その理由は簡単で、普通のセックスでは絶対に得られないような快楽を、「寝取り」のセックスで得ることができたからですよね。

ただ「背徳感」があるから気持ちいい、というだけではない、「寝取り」セックスの奥深さについて考察してみたいと思います。

寝取りセックスの奥深さ


例えば友達の彼女を寝取りたいと思った場合、その彼氏の上を行こうと目指すわけです。

そこで、彼氏とどんなセックスをしているのか、聞いたりすることもあるわけです。

その彼氏は友達なので、彼女の話はとてもリアルに想像できるのですね。

そうすると、自分では自覚しないうちに「ミラーニューロン現象」というものが起きるのです。

他人(友達)の欲望がミラーニューロン的に自分の欲望を形作るわけです。

自分はその彼女に欲情していると思っている。

欲情

でも実際には、それはその彼氏(友達)の欲望の転写なんですね。

その延長線上で、その彼女に深い愛を感じ始める。

でも実はそれも彼氏の深い愛の転写なのです。

変性意識状態がそのような転写を可能にするのです。

友達の彼女とセックスをするという、強烈な背徳感があるからこそ、タブー破りの状態に置かれた二人には深い変性意識状態が訪れやすいんですよね。

そしてそのような深い変性意識状態でセックスをすることで、無意識的に「ミラーニューロン現象」が引き起こされるのです。

そうなると、もう訳が分からないほど、とにかく本能で貪り合うような状態のセックスになることが多いんですよね。

何でこんなにもこの女を激しく貪っているのか、自分でも全く分からない状態で、強烈な欲望に突き動かされているというような感じ。

「他人の欲望の転写」というのは、ものすごく強い欲望になり、それが強烈な快楽を生み出すんですよね。

他人の欲望の転写


そしてこれが逆にも働くんですね。

もし、その彼女とこっそり付き合うようになり、何度もセックスを重ねるような関係になる。

そうすると彼女の気持ちが彼氏から離れ、自分の事を好きになり始める、という事も起きるわけです。

その時、彼女の気持ちが彼氏から離れれば離れるほど彼女が愛おしくなくなってくるという逆説的な現象が発生してきます。

そして同じく、彼氏の気持ちが彼女から離れれば離れるほど愛おしくなくなってくるんです。

一気に気持ちが冷め、あれだけ興奮していたセックスが、それほど興奮しないようになってくるのです。

このような逆説があるんですよね。

彼女と彼氏が好き同士でなければ、強い「ミラーニューロン現象」が引き起こされず、強烈なセックス体験は起こらないわけです。

「他人の欲望の転写」というのが、そこまで強烈な力なのだという事が本当によく分かります。


普通はそのようなメカニズムには気づかないわけですが、何かのきっかけでこのような無意識化のメカニズムに、ある時点でハッと気づいた時、「セックス」の奥深さを知ることになるわけですね。

普通に付き合っている彼女や奥さんとのセックスでは、絶対に到達しえないようなとてつもない快楽が得られるセックスというものがある、ということを。

でも、そのような経験をすることができれば、そして感覚を研ぎ澄ましてその体験を言語化することができれば、その経験を持ち帰り、自分が付き合っている彼女や奥さんとのセックスに活かすこともできるわけです。

その最も過激なものがスワッピングということになるのでしょう。

「他人の欲望の転写」という部分で、「寝取り」と「スワッピング」には近い要素があります。

スワッピングを深く考察

スワッピングについて深く考察した記事

ただ、スワッピングにまで到達できるカップルはかなり少ないわけです。

そこまでいかなくても、あの時体感した感覚を意識することで、日常的で退屈になり始めたセックスが、非日常の目くるめく快楽と興奮に彩られたセックスへと変化するきっかけにもなり得るのですよね。

「寝取り」セックスを経験してみることで、色んな気づきがあり、そしてセックスのレベルは間違いなく上がると思います。

「寝取り」も「スワッピング」も、一度味わうと病みつきになる人が多いのは、「他人の欲望の転写」という強烈な欲望が背後にあるからなんですよね。