夫婦間のセックスが行き詰まった時

日本では、夫婦の約4割がセックスレスだと言われています。

そのように夫婦間のセックスが行き詰まってしまった時、多くの人はどのように問題を解決するのでしょうか?

日本を含むアジア圏と、欧州圏では、全く異なった解決策が取られることが多いようですよ。

その背景には、「家族観の違い」があるようなので、まずはそれを詳しく見ていきたいと思います。


日本を含むアジア圏では、家族というのは「役割家族」だと言われます。

役割家族

男性は夫として、女性は妻としての「役割」を果たしていれば、内面的にはともかく、外面的には家族は機能します。

家族を維持していく観点では、夫婦間の「愛情」や「セックスの有無」というのは、それほど問題にはならないのです。

実際に、日本では夫婦の約4割がセックスレスだと言われているのに、夫婦間に愛情やセックスがなくても家族は回っているわけです。

周りを見渡せば、そのような夫婦だらけだったりしますよね(笑)

セックスレスの夫婦

日本を含むアジア圏では、愛情の低下やセックスの回数低下が、即座に離婚につながることは少ないわけです。

「役割家族」であるがゆえに、配偶者がセックスパートナーとしての役割を果たしてくれなくなった場合、風俗、出会い系サイトや職場不倫などといった形で、外部の異性にセックスパートナーとしての役割を求めるようになることが多いのです。


そのようなアジア圏の「役割家族」とは全く違い、欧州圏は「愛情家族」であると言われます。

愛情家族

まさにその字の通り、「愛情とセックスが関係の基盤」になっているのです。

欧米映画を観ていると、子供はかなり小さいうちから両親の寝室から離されて子供部屋で寝ていますよね。

「愛情とセックスが関係の基盤」なわけなので、「夫婦だけの空間と時間」がしっかりと確保されているわけですね。

夫婦間に愛情やセックスがなくなった、あるいはなくなりそうだと感じられた場合、どうにかしてそれを取り戻そうとするのです。

そしてそこでは、風俗や出会い系サイト、職場不倫などの外部で性欲を満たそうとはならず、「嫉妬心」「非日常の世界」などを利用して夫婦間の関係を修復しようとすることが多いわけです。

スワッピング乱交もそういった文脈で利用されているわけですね。

スワッピング

スワッピングや乱交が、日本よりも欧米で盛んなのは、背景としての「家族の価値観」に違いがあるからなんですね。

第三者の存在によって性的衝動を感じる夫婦にとっては、カップルを長続きさせる為に、「不貞行為こそが貞操になる」という矛盾もあるわけです。


もちろん、これはそのような「傾向」が見られる、という話で、欧米でも外部にセックスパートナーを作る人はいるし、日本でも夫婦関係改善の為にスワッピングを活用する人もいるわけです。

どちらが良いとは一概には言えないわけですが、そのような「違い」があって、それぞれに「良さ」がある、という認識があれば視野が広がるという面は間違いなくありますよね。

日本は「役割家族」だからとはいえ、関係を改善する努力を全くせず、いつもセックスパートナーを外部に安易に求めるというのは、単なる「逃げ」であるケースもあるでしょう。

「スワッピング」と聞くと、日本では慣れない人も多いので、クレイジーな性的倒錯行為だと捉えられることも多いわけです。

でも実際はそうじゃなく、安易に外部にセックスパートナーを求めず、何とか夫婦間に「愛情とセックス」を取り戻そうとする、「嫉妬」という感情を利用したある意味では「高度な営み」でもあるわけです。

スワッピングを深く考察した記事

「役割家族」と「愛情家族」の良いところを取り入れることができれば最高ですよね。